FC2ブログ

ミャンマー・ヤンゴン(2)

ヤンゴンの町
ぶらぶら 
街歩きの景色



ddddddegeeg.jpg
いろんな看板 ありすぎ 
マーケットは小さな店がいっぱいです





rhhhrrhere3e.jpg
自転車タクシーマン
自転車がインドで見たのと一緒





ygyfytdtd.jpg
ヤンゴンの朝





r6ryyyggu.jpg
朝市マーケット
活気がある





gyfyfyfyf.jpg
まだ若夫婦の親子
とても可愛いい





huugyfyt.jpg
ダウンタウンの町並み
こういうところに宿がある





gyfyffyyy.jpg
川を渡って出勤する人





tftdtyfyfft.jpg
朝はどこからもなく
鐘をたたく音がして、
お坊さんのお経を読み歩く声がして、
鳥の鳴き声がする
美しいミャンマーの朝




hugugyyfyf.jpg
ミャンマーの方たち
お布施を本当によくする




gffyyfyghgu.jpg
朝にお花を買う
お供えするため





ftfttfguguy.jpg
お坊さんの国




ghhjhfyg.jpg
お寺は祈りの場
憩いの場
デートの場
昼寝もしてた




ghgggghghg.jpg
大きな大きな寝大仏
人間ちっちゃい
でも祈りは美しい




hjjhjjhjhjhjg.jpg

祈りと生活が共にある国





ghghghhffy.jpg






  ◆◇◆

ヤンゴンの町
インドの町に似てる
かつてイギリスがつくったから、似てるんだろう
物価は宿は高いが、それ以外は安い
治安は悪い感じは全然ない
都会なんだけど、ごちゃごちゃした雑踏の感じ、
人の多くない感じ、人の暮らしが身近に感じられる
いい意味で、スマートでない都会



お坊さんもよく見かけるし、普通に道端に座っていたりする。
パゴダ(寺)があちこちにあって、普通の人が、よくお祈りしたり、
お経を唱えたり、貧しい人や、お坊さんによくお布施してる。
だから、だろうか。
なんか、とても人がやさしい、ゆっくりな都会な気がした




日本をみる
便利になるほど、快適になるほど、
いろんな物が選べるほど、
また何か身近にあった大切なものが失われていく

それは、暮らしの中にある ゆとりや楽しさだったり、
それは、祈りだったり、
それは、自然と共にいることだったり、
それは、何かを、誰かを、敬うことだったり、
それは、家族のつながりだったり、
それは、見知らぬ者どうしの信頼感だったり、
それは、何かを信じることで、自分を受け入れる強さだったり、
それは、お互いに弱いからこそ、みんなで助け合うことだったりする。


そんな大切なものがミャンマーの人達から、
チラリチラリと見えてくる。
それは、とても見たかったもので、
とても有意義な時間だ



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment