FC2ブログ

ミャンマー・カロー (2)

カローのトレッキングツアー

カローの町から出発して、2泊3日(もしくは1泊2日どちらか選べる)かけて、
いろんな村々を巡って、インレー湖まで行きます。
カローはトレッキングの起点になる村
旅行代理店がいっぱいあります。
前日現地で申し込みは可能です。

参加したのは6名集まって2泊3日で32ドルのツアーでした。
食事、宿泊、ガイド料込で、このお値段!
ガイドさんが2名同行してくれて、料理も作ってくれる
大きな荷物は、インレー湖の到着後に泊まる
自分らが予約した宿に先に送ってくれます。
とてもいいサービスと良心的なお値段
絶景の景色の中を歩き、普段見れない村に滞在できる
とても満足できるトレッキングでした


◆トレッキング1日目  2月19日

fnnfnftnr.jpg
歩いて、歩いて
アスファルトの道から、土の小道へ
目の前から牛の群れがやってくる






tgdhrtgnrt.jpg
お昼ランチで立ち寄らせてもらった村は、
電気はソーラーパネルでやってる村でした
村人は「ミンガラバー(こんにちは)」と言うと、笑顔で答えてくれる。





gnbhrhreh.jpg
村はちょうど、お花の収穫をしていて、
家族で花をまとめている手作業をしていました





ntbhrhrh.jpg
村のお花の風景
あちこちに咲いていた






tthrdhrh.jpg
小さな村の小さなパゴダ

どんな小さな村にも、必ずパゴダ(お寺)がある
お祈りする場所は、家の中にも必ず祭壇があり、
また家の外にも、祈りがある。





ntbrjtrjrgr.jpg
ランチの後は、
青空と大地
眼下に見える絶景をみながら、
丘を登っていくルート





htrdhrhreh4.jpg
いくつもの村が遥か遠くにいくつも見えた
そこに続く小道も見えた
あんなとこにも人が暮らしてるんだなあって思った





thrhrhr5.jpg
丘の上
風に吹かれながら、歩く、歩く
空と大地がとても広く感じた






htrdhrdhh.jpg







mtjhrhrh44.jpg
ミャンマーの民族もいくつか分かれるけど、
さらにその中でも部族があって、分かれている
民族の宝庫 そして多様性






hrdhrhhr.jpg
多様性の中に、共通するのは、「笑顔」
その笑顔だけでも、誰でもコミュニケーションがとれるということ
それは美しいと思う






rrhfhhrhgevrg.jpg
夕方に山のてっぺんにある村に到着
今日はここで宿泊


宿泊は民家の1部屋を貸していただくという感じ
布団も用意してくれて、大きな部屋で雑魚寝
水道は通っていないので、貯めてある水を桶で使わしてもらう。
とてもとても貴重な水
有難く大切に使わせてもらった。


調理は七輪で炭で料理
ガイドさんは到着後、休まずすぐに5~6品も作ってくれて、
豪勢な美味しい食事だった。
本当にに有難かった。




nnrdbfgrgvf.jpg
夕暮れの村の景色も絶景で、
夜の満点の星空も素晴らしかったです





カロートレッキング 2日目に続く・・・





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment