FC2ブログ

ミャンマー・ニャウンシェ (1)

ミャンマー インレー湖観光の拠点の町
ニャウンシェ
水と共に暮らす人たち


町にはいくつもの水路があって、
ボートがバスや自転車代わりのように
頻繁に行き交う
ヴェネチアのような場所
町は小さくて、田舎町でした




njhhtdhghg.jpg
ニャウンシェの市場






hhhfyguigjhj.jpg
とりさんの卵入れてるワイヤーカゴ
もちろん手作りで
とってもいい味でてる






tthhhffhehhr.jpg
川には何艘もの舟
漁にでる人
荷物を運ぶ人
移動する人
ツアーにいくツーリスト
用途はさまざま




ここでは、道歩いていると、
「タクシー、タクシー」ではなく、
「ボート、ボート」と声かけられる




httdhdrhrfh.jpg








hthhhgvrtd.jpg
これでもかってくらい
いっぱい荷を乗せ、人を乗せる
狭い水路を行き交う
慣れたもんです







nnfthghthhdhrh.jpg
お寺は黄金で美しかった







htvdfgvredfc.jpg
朝の托鉢風景
ミャンマーはどの町でも朝には
こういった美しい風景が見られる







htgrgvergv4r.jpg








thvfgvref.jpg








htgtrvdfhrgf.jpg
歩いてるときに見つけた
地元の人がいっぱい集まってる店
そんなお店は、絶対当たり。


チャイと揚げパンのお店
父ちゃんが生地をつくり、
じいちゃんが鋭い目線で揚げる


もうね、
渋すぎ!
揚げパン屋のじいちゃんのこの立ち姿
この道何十年のベテランの
すさまじいオーラがでてる(気がする)


でも、揚げた後に、孫と遊ぶ
じいちゃんの顔
とてもやさしかった




njuijhkjk.jpg
もちろん、揚げパンも絶品でしたよ
揚げパン、サモサ、チャイでたった1000チャット(70円)

気持ちが満たされる食事って
こういうもんなんだなあ


 ◆◇◆

例えば、日本で
そこに素材も材料も、職人さんもいて、
全部手作りで作ったものって、
探してもあまりないか、とても高価なような気がする


ミャンマーでは、
それが普通にある
ローカルな市場なんて行くと、
そんなものがゴロゴロしてる
まあ、値段は安く、質は決していいとはいえないが


そもそも、
家自体が竹や葉っぱで編んだりして
できてるぐらいだから
すぐ傷むかもしれない
でもすぐに直すんだろう


物は使われていく過程で、何度も直して使われ、
手の油で磨かれて、色が変わっていく
だんだん、いい味がでてくる



ミャンマーは素朴な
生活道具、家具、小物、雑貨、
素朴ないいもんいっぱいある
値段も安くて、
素材が安心できて、
誰が作ったかわかって、
壊れても、また持ってけば、
すぐに直してくれる


昔の日本
いつだか分かんないけど
きっとこんなのいっぱいあったんだろうなあって
どこか懐かしい感覚にさせられるんだ


















スポンサーサイト

2 Comments

まみ  

タバコくわえながらだしベテラン感でてます!美味しそう(^^)v

2018/03/02 (Fri) 21:40 | EDIT | REPLY |   

kuni  

To まみさん

これね、実際に見ると、数倍は迫力あってねー。じいちゃん見ながら、しみじみ、じいちゃんとお父さんの積み重ねてきた年月を想いながら、揚げパンを食べたんでした(笑)

2018/03/04 (Sun) 17:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment