FC2ブログ

ミャンマー・マンダレー

ニャウンシェから、マンダレーへ
バスで9時間の旅



ミャンマーの旅で1番便利なのは、
安くて本数の多いバス
観光主要の町間は数社のバス会社が走っていて、
クラスもサービスもいろいろある



ただ必ずしも、道がいいとはいえず、
大体がよく揺れる道、または山道をバスが走る
ミャンマー来て、山が多いのにトンネルはないのに気づく
高速道路も、まだまだ少ない
バスは新しいのに、道はボロボロ
ミャンマーの経済事情が表れてるなあ
長い移動時間も、乗ってるミャンマーの人たちを見てたり、
車窓から景色や暮らしを見ていると、ほほえましく、
ぼーっとして、割と慣れてしまうから、不思議だ




gvrvrfc.jpg
マンダレーはヤンゴンにつぐ第2の町
とはいえ、ヤンゴンに比べると、
ずっと庶民的で田舎だなあと感じた
デパートやお店にも洗練されたものがなく、
地元の暮らしのためのお店が多い感じ
下町っぽい匂いがした





gvrsefc.jpg
これね、足か目が悪いと思われる男の人を
2人がかりで、船に乗せてあげてる
優しいな~





ddfsfef65471419_o.jpg
白と影





hegfw3a.jpg
川を渡ったところにある
全部が白に塗られたお寺
空の青と白
まるで天空のお寺みたい





gfewstrdx.jpg







gf4w3r3.jpg





rgfsc.jpg
仲のいい兄弟





fw3awrfd3.jpg
重い荷物を運ぶ小坊主







hgfcesd.jpg
マンダレーヒルの少女





gfrcsed.jpg






rgfw3dx.jpg
人がうまそうに食べる姿って
なんか好きなんだなあ





gf4w3rdw.jpg
ウーベイン橋の朝日
ここは絶景が撮れるスポット
(でも夕日は人が混むので、朝日がおすすめです)

橋は木造でできていて、
その作り方もとても適当で素朴
でも、とっても長い 人の生活の橋
手すりもなく、板と板の間も少し離れている
解放感はありますね、ちょっと怖いけど




hgref32d.jpg

行き交う人は自転車転がしてたり、
僧侶さんだったり、
橋の途中で、健康体操していたり、
魚をとる漁をしていたり、
行き交う人を眺めながら、
いろんな暮らしを想像したりして
朝からいい景色と時間を堪能できました


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment