FC2ブログ

インド・ヴァラナシ (2)

僕の今回の旅は「祈り」
を重要なテーマにして旅してます。
今までも訪れた国の祈りのシーンの数々を、
このブログにあげてきました。


祈りってなんだろう?
それを言葉で表すのは、難しい
いろんな姿や形をとり、
人が心を磨いていく行為


世界共通にどんな祈りも、美しかった
言葉を超えたシャンティ(平穏)は
場所も、人種も、時間も超えて、
共有できる


祈りって、日本だと非日常なんだけど、
ここヴァラナシにいると、
神様はあちこちに祭られていて、
聖なるガンガーが目の前を流れていく
祈りが日常的におこなわれる


ヴァラナシは祈りの持つエネルギーが
とても強くてすごかった
それは安らぎや静けさとは
また違ったもの
激しさ、強さ、パワフルさを感じた



mnbfdfs.jpg






gffdbgffve.jpg






ngfcdfghn.jpg

毎日祈る それが当たり前
大変とか、面倒とかっていう思いがなくて、
色々な雑なものを捨て、
物を手放し、欲を手放し、
祈る






ngfgdffbf.jpg






gfggfbf.jpg





bffbgdre.jpg

それは、友達や仲間のように
母親や父親のように
神様は身近な存在であり、
何か悪いことをしたら、叱ってくれ、
そして謝ることで、許してもらえる
そんな存在のように





nbffdcfrer.jpg


ガンガーは生活排水、洗濯、ゴミ、死体・・・
一緒くたになって、流れていて・・・
とてもじゃないが、綺麗な川ではないんだけどね


でも、朝に沐浴する人の嬉しそうな顔、
お祈りを捧げる人の澄んだ目、
朝夕にプージャをし、熱心にお祈りするバラモン、
そこに集まる人々、
あちこちから聞こえてくるマントラ
祈りの鐘の音・・・
それは美しいものだった




nnbfvfgf.jpg






nbvcsxfgfec.jpg


俗なものも、汚いものも、
全部ひっくるめて
聖なるものとして崇めてしまう
その発想は、日本人には理解しがたくって、
何でもあり?って思ってしまう



ggvdrg.jpg

夕方に行われるガンガープージャを見に行った
ヴァラナシでは毎日行われている
プージャとは、お祈りの儀式
ガンガーを前にして、
炎や煙を回し、
マントラを唱えながら、ガンガーをたたえ、
その場を清めていく・・・
それもまた、美しく強かった




hnbfdgde.jpg






nngrfag.jpg






grfgbgfefff.jpg


ふと、プージャで聞き覚えのあるマントラが流れていた・・・


『TWAMEVA MATA CHA PITA TWAMEVA,
TWAMEVA BANDHUSHCHA SAKHA TWAMEVA,
TWAMEVA VIDYA DRAVINAM TWAMEVA,
TWAMEVA SARVAM MAMA DEVA DEVA.


あなたは私の母であり、父である
あなたは私の家族であり、友である
あなたは私の叡智であり、富である
あなたは私の全てです』


まるですべてを受け入れるガンガー
それを目の前にすると、
とても心に響くものがありました



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment