FC2ブログ

インド・ウダイプル (3)

ウダイプル編
前回に引き続き
細かい彫刻寺院と遺跡たち






rvddvcse.jpg









rgdrfwced.jpg









ggrfcsdfc.jpg









tdfgcesfc.jpg



いったい全体どうして
こんなに細かく彫ってったんでしょ?





errgrdgfec.jpg


リアルで見ると、
すごい精密さと、
全然妥協しない
完全性がわかります








grsfcefees.jpg


でもね、
インドを旅してると
インド人の雑さをよく感じるのです

電車はおくれるわ、
運転は乱暴だわ、
おつりはごまかすわ、
注文はよく間違えるわ、
人の話は聞かないのに、自分の主張はどんどんしてくる
そして、謝らない・・・


でも、こんな精巧なものを作ることもできるし、
遺跡や、城なんて、スケールがあまりにもでかい!






ggugughihi.jpg

次は、チットルガルの城砦
でかい岩山に
とてつもなく広い城砦をつくっちゃった








pkojiihii.jpg

あまりにも広すぎて、
全部を徒歩で回るのは不可能(笑)








hrdgvwescdxc.jpg

城の壁がずっと続くんだけど、
端っこが見えないくらい
これでも城全体の3分の1
まるで次元が違う
そして建築の美しさや
バランスと調和に圧倒される









rrgdsfcwesd.jpg

城壁内にはこんなお寺もいっぱいあって
インド人観光客が、大勢来てましたが、
外人観光客はほとんどなし でした









hhthhhrhr.jpg

城の中には沐浴場もあって、
お参りしてきた
お婆ちゃんと孫 
手を取りあってた







hhgdcsdf.jpg

遺跡には、お猿たちもいて可愛かった







rgregfegf.jpg

インドでは、お猿も神様にお祈りするみたいです(笑)







jiijokoojo.jpg

牛さんも風景になじむ









tgfcesc.jpg

バイバイ

カメラを向けると
こんな対応に
とても嬉しくなる瞬間

旅して、出会って、今日もありがとう








◇◆◇


インドはすんごい、いろんなことが極端である、
とても細かいか、とても適当か、
そのどっちか。
中間がない。


そのふり幅がとても広いので、
まったく予想できないことがよく起きる。
それは予想外の感動も、失望も、
どっちも起きるということだ


それをできる優れた技術を、
たくさん持ってるのに、
言えば、やるけど、
言わなければ、いつまでもやらない
いわば、マニュアルな対応


日本は逆にこの中間文化で、
予想内のことがほとんどで、
対応が丁寧
でも、だいたいがみな
予想外の行動を避ける文化
そして、言わなくても、
スムーズに事が進む
オートマティックな対応


どっちがいいも悪いもない
インドを旅した人は
インド好きか、嫌いか、そのどっちかに分かれるという
たぶん、インド好きな人は
その部分に魅かれるのかもしんない
そんな国って、ほかにはないからね。





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment