FC2ブログ

インド・レー・ラダック (5)

今回&次回はツアー編
レーから1泊2日で、ヌブラバレー(渓谷)&パンゴンツォ(湖)に行ってきた。
ここは、レーから行ける場所として、とてもポピュラーで、
レーの旅行会社(山ほどある)では、どこでも申し込みができる。

このエリアに行くには、事前にパーミット(許可証)を申請する必要がある。
それも、でも全部、レーの旅行会社がやってくれるので、楽チンです。
午前中にパスポート預けると、その日にはパーミットもらえる。

実際はツアーというより、タクシー1台チャーターなので、人数を集めるか、
ほかに人数が集まっている旅行会社で申し込んだほうが安くつく
(店頭に、人数募集を貼ってあるところもあるので、何カ所か当たってみるといい)


こんな日程で、行ってきました。
(1日目) 朝 レー出発 → 午後 ヌブラ渓谷 フンダル村着   (フンダル泊)
(2日目) 早朝 フンダル出発 → 午後 パンゴン湖 → 夕方 レーに到着
途中、標高5000mを越える峠が2つあるので、
レーで確実に高地順応ができてから、行きましょう。

※料金はタクシーチャーター料金(15000ルピー/台)を人数頭割り。
そのほか、パーミット代(600ルピー)、宿代(1500ルピー)、食事代、通行料代、チップ代が別途かかりました。




◆◇◆
ヌブラ渓谷&パンゴン湖 
そこももちろん、スゴイ景色だったけれど、
この1泊2日のドライブは、
そこに至る道中の景色が本当に素晴らしかった!






iiuihvhbhbjb.jpg

レーからカルドンラ(峠)標高5300mへ至る道
タクシーはぐんぐん坂道を上り、高度を上げていく
まさに絶景!!ここは地の果てかい?!
まるで飛行機から見た景色みたいだ










jyhgbhgtrd.jpg

さらに登って、
途中、チェックポストからの眺め
パスポート&パーミット(許可証)チェックが、途中何回かある












jhtgrefsd.jpg

カルドンラ到着 5300m以上
このへんは、まだ雪に覆われている













jhtrgefed.jpg

カルドン峠 
寒い 寒い! 
空気が薄い  薄い!
空が近い  近い!










jhgfedaws.jpg

それにしても、すっごい景色だ~












mhgfdfgdfsd.jpg

どこもかしこも、絶景だらけ
そこを車は走ってく
絶景ドライブ 
寝てられない











hgrfseds.jpg

こんな道を車は進む
ガードレールもなく、
すぐガケなのに、
普通のタイヤよ(笑)


雪景色は頂上付近だけで、
しばらくすると、ダート道に変わる
このルートを
バイク タンデム(2人乗り)で
ツーリングしてる人もいて、びっくりしたー










mmgfgrferff.jpg

ヌブラバレーに到着
遠くまで見渡す限りの平地が続いて、
高い山々が連なる
ここもすごい景色が続く












ngvvrsece.jpg

ヌブラバレーは広いエリアを指す
その渓谷の中に、小さい村がいくつかある
こんなところでよくもまあ、
人がたくましく暮らしている
今回泊まったのは、その中の1つ
フンダル村













nhgrfgtrgf4.jpg

ヌブラバレーはとても乾燥しているので、
砂丘があちこちにあって
ラクダがいます。
でもとても寒い場所なので、毛がフサフサだ
こんなラクダはじめて見た~











mnhdnbvrd.jpg

こっちがヤク
同じく寒さに順応するために、
毛がフサフサに











mnhbtyh5gef.jpg

自然はすごい
動物もそれに順応するから、
またすごい














tnbvrntg.jpg

ヌブラバレーの朝日
まだ早朝で寒いので
朝もやが平地部分にたまっている
自然のレンズのようになって
太陽光が大きく見える











ntgvfhgfrces.jpg

ヌブラバレー
これは雪ではなく、砂の景色
真っ白い砂が、強い風によって
こんな自然アートになった
そこに朝日が美しく降り注いでいた








>>>次回ラダック編最後  
  パンゴンツォへ つづく 





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment