FC2ブログ

トルコ・イスタンブール (3)

トルコ、特にイスタンブールは
昔々から、いろんな文化が入り混じってきた
ローマ芸術、中東、エジプト、アジア、イスラム芸術、キリスト教・・・・
それらがミックスしながら、今はイスラム教のモスクがいっぱいあって、
異国情緒の雰囲気たっぷり




写真は
イスタンブール観光の目玉
「アヤソフィア」
そして
「トプカピ宮殿」から


スルタン(王様)の豪華絢爛さ
イスラム芸術の極み
ビザンツ建築の最高傑作
それはため息でるくらい
必見の美しさでした


nbhbjijibjb.jpg

小石を詰めて模様をつくる
細かいこと







nfdbvrdfd.jpg

扉1つでこんだけ細かいのに







mherhgfwe.jpg

離れると、タイルの模様も。
さらに細かい!








nbvsdceszsdas.jpg

色の美しさ










nsebvsx.jpg

そのデザインの完璧さ







nbrsdgvfscexs.jpg

今も鮮やかな色

職人技で
いったいどれだけの人と
年月をかけて、作られてきたのか?









mrtndhgrfe.jpg

図書室

こんな空間で本読みたい・・・





rtndhbevsc.jpg

海のような青の色
光と影をうまく取り入れ、
その変化によって
また美しく色が変わる
空間設計






nbrsdgfwcw.jpg












rttrsgvfwedw.jpg












bwfwdsa.jpg

アヤソフィア


キリスト教の教会と
イスラム教のモスク
どちらの最高芸術の融合が見れる
そんな珍しいところ





hrgfedw.jpg










ntdrsgefd.jpg

中はほんとうに美しい









besevfsds.jpg









nebregafwds.jpg

このへんはモスクっぽいが








bersgdfdxz.jpg

このへんは教会っぽい









nbergvefds.jpg

教会のフレスコ画
そのデザインも色も
また美しかった







nngwefqwdsa.jpg











nbesveafsdas.jpg

これは博物館より
ローマ芸術の
モザイク画の細かさ





◆◇◆
美しさは
時代も年月も
文化も宗教も
関係ない
それを超えたところにある
こうして1000年以上前~数百年も
前のものから
美しさを感じることができるから



美しさには、
「変わっていく美しさ」と
「変らない美しさ」があると思う。


もっと細かくいえば
「変わっていく美しさ」の中には
みんな誰しもが持ってる
美しいものを美しいと感じるセンス
「変わらない美しさ」(普遍性)がある
そういったセンスが私たちには備わっているから
だから、それらを尊重することは
大切なことだと思う


もし、いまある美しいものを
次の世代、また次の世代に
残せなかったら、
どうだろう?


子どもたちは
変わっていく変化(流行)の中だけにしか
美しいと感じなかったら
どうだろう?


他の文化や宗教の違いによって
「美しさ」が決められ
それを押し付けられたら
どうだろう?


ものはいずれ古くなり、壊れていく
でも、それはゆっくりであってほしい
それを作ってきた過程と
それが壊れていく過程と
様々な多様性の中にも
「美しさ」が感じられるように






スポンサーサイト

2 Comments

Hozumi  

行ってみたい!

邦さん、こんにちは。
ほずみです。
邦さんの写真の美しさに、感嘆のため息さえも出ず…
気付けば、眉間にシワがよった状態で口をポカンと開けている始末。
本当に、本当に美しいですね!
そして邦さんのレンズを通して写された空間がなんとも優し気。
行ってみたいです、幼い頃から気になっていたムスリム文化の濃いトルコへ。
お元気で、旅を続けて下さいね!

2018/08/19 (Sun) 22:13 | EDIT | REPLY |   

kuni  

To Hozumiさん

ほずみさん、コメントどうもありがとう。カメラもいつも持ち歩いて、毎日旅の瞬間瞬間を撮っています。美しいなあ~っていう瞬間って、どの場所に行ってもあって、それは風景だけでなく、人の暮らしや、動物や、植物もそうだったりして、感動しっぱなしです。イスタンブールもとても美しい町だし、トルコも美しい場所いっぱいです。いつか絶対、行ってね~。
Kuni

2018/08/21 (Tue) 17:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment