FC2ブログ

ブルガリア (1)

ブルガリア

僕が今年の1月から
旅に出発して、ちょうど6カ月たちました。


旅をしているときの6カ月は、
場所がいつも変わって、状況は常に変わっていき、
新しい情報に更新しながらも、
できるだけベストで安全な選択をしていく・・・
それでも、うまくいかなかったりもするんだけど。
それはそれで、いま無事にいられることに感謝する
そのくりかえし



なにか「生きる」ことに対して、常に緊張感があるんだなあ・・・
(日本にいるときは「仕事」に対しての緊張感は常に持ってるんだけどね (^^;)
その感覚って、自分にとって必要な部分を占めてるらしい

それもあってか、日本にいるときに比べると、
時間が長く感じる
これって遊びは危険がないと、つまらないって感覚と一緒かな?
生活も、仕事も、遊びのように、日々を過ごしていきたい
僕にとって、旅やヨガはそのバランスをとってくれる
いい道具なんだ


さあ旅もあと2カ月
残りも無事に有意義に過ごしていきたいもんだ


8か国目の国、ブルガリアに入った





ソフィア

hgdrgvrgfe.jpg


トルコのイスタンブールからは、
ブルガリアの首都ソフィアまでの
国際バスがでてるので、
トルコからはとても簡単に入れる


国境のイミグレを深夜に通過したが、
トルコから、ブルガリアに入ったとたんに、
街灯がなくなって、
真っ暗になったのに、びっくり。



tedrhgrefdd.jpg


ソフィアの町は
首都のわりに人が少ない
そして建物が古い
それも共産時代のものなので、
建物がなんか非人間的で、
人の暮らしやすさに配慮していない,
計算されて、機械的な、冷たい感じ
バス、トラム、メトロもあることは
あるんだけど、昔の車両を使ってるみたいで
レトロ感満載



drgevrsgfec.jpg


ブルガリアは、トルコよりも経済事情が悪い。
旅行者もぐんと少なくなる。
トルコがイスラム教に対して、
ブルガリアはキリスト教

昔のオスマントルコに侵略、攻撃された歴史もあって、
あまり仲がよくない。
さらにブルガリアは、ソ連時代には
共産圏の仲間入りをしていたのもあって、
ソ連崩壊後も経済の復興が遅れた


そして文字がキリル文字になるので
全く読めない
そして、たいていの人は
英語が通じない
と、なかなか楽には旅させてくんない
でも、またそれも面白い


こうしたトルコとのギャップを感じれる
というのも、陸路越えの
とても面白い経験だ







サパレパバーニャ(リラ国立自然公園)



bdvsefces.jpg

ブルガリアは山がとても多くて
とても自然豊かな国

サパレパバーニャの町を拠点にして、
その美しい山々を見ながら
7つの美しい湖を周る
トレッキングを楽しむことができる




gffgerdfgvr.jpg

7つの湖がある山のふもとまでは、リフトがでていて、
サパレパバーニャの町から、そこまで15キロ
乗合バス、またはタクシーでそこまで行ける

さらにリフトに乗って、ふもとまで
そこの山頂から、トレッキングコースがある
7つの湖を見ながら1周するコースは
だいたい5時間くらい
日帰り可能だ




htbrgvfv.jpg

ふもとはまだ雪が残っていた





bdvrrgvcedfc.jpg

道も分かりやすくて
歩きやすい
たくさんの旅行者(ほとんどブルガリア人)
も歩いているので、とても安心




bvergvcd.jpg

絶景をみながら
歩く 





nbdxfhgeverd.jpg







bdfvrdgvc.jpg

地球と会話中(笑)







bvceawds.jpg

午後からは雲が晴れてきて
湖の色がとても美しい青になった










bfvsdcas.jpg










vssecfdc.jpg









bveesfcwes.jpg








bevsvces.jpg











erbgvfdwxas.jpg

まるで楽園にいるかのような
美しい景色







bvcsaxwas.jpg









vscdsfcwes.jpg

右側 奥に見えるのは
大きな滝
雪解け水や湖から
いくつもの滝になって
降りていく



気持ちい山歩き
ほんときれいな場所でした






スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment