FC2ブログ

ルーマニア (2)

grrdersd.jpg

ブラショフから次の町へ
2等の鈍行列車
チケット買ってホームに行くと・・・
なんとこれに乗れるらしい(笑)






ggsfweszfdx.jpg

電車が動き出すと
鈍行なので、ゆっくり、のんびり
見える景色は超田舎
いまだにこんな田舎はあまりないってくらい
のどか、のどか








gersgfws.jpg

列車が止まると、こんな小さな駅ばっか
何もない町のように見えても、
数人降りては、また乗ってくる
ホームも駅員さん1人でやってる感じだし、
駅のお迎えにはまだ馬車が走ってるし、
この路線、とても良過ぎた、大好きだ







bcfbbdzbfv.jpg

シギショアラ
こんな列車の旅で、シギショアラの駅に着いた。
ここも小さい田舎の駅。
旧市街が世界遺産なんだけど、今まででてきた旧市街と比べて、
範囲がとても小さくて、すぐ気に入った。






nffxvdrxdfc.jpg

美しい教会のデザイン
外観だけでなく、内観もとても素晴らしかった。
美しさと、雰囲気の両方兼ねそろえていて、
僕がこの旅で出会った
一番お気に入りの教会







ggrgfwsefd.jpg

古き伝統のある時計塔はこの町のシンボル
屋根のウロコも美しいのと、
鐘の音の時間にあわせて、仕掛け人形が動く





fdfasfdxzegfae.jpg

時計塔に登ってみる
上からの景色
こんな屋根ばかりですよ





juigjhiuihihj.jpg

手すりのプレートには・・・
ずいぶん遠くまできちゃったなあ







rrsvsrbvc.jpg

旧市街の見どころも特に多くはない
歩いてもすぐ見終わるくらい
でも、ここはそれがいい
それだからいい






gmhtfygmjn.jpg

1件ごとにカラフルで家が小さい
もちろんツーリストがいっぱいくるので、
そんなお店も多いんだけど、
ここはツーリストに合わせた嫌な俗っぽさがない
そんな町は、なかなかあるようでないんですよ






gfgvxfdgvc.jpg








nbbdfcv.jpg

こんな家に住みたい
特に屋根裏の部屋希望









bcvdfxbv.jpg









mghnvhgbfg.jpg











nbcfbdvfxcv.jpg











ngdfbvdfx.jpg

なんかのお店
玄関のドアだけでなくって、
他の木窓もなんて素敵









nbdcfbvdxf.jpg

こんなワイン屋さん
外で立ち飲みもOK






bdcfvdxc.jpg











bdbfxvdfxv.jpg











bdfbvxcvxvv.jpg

おじいちゃんの背中に
物語がある
そんな素敵な町でした






◇◆◇
ルーマニアもブルガリアと似たような、
でもちょっと違うようなそんな国
町といっても、首都ブカレスト以外はそれほどでもなく、
ちょっと離れると、すぐ田舎になる
実は18年前もこの国を旅したことがあって、
見どころがそんなにないんで、
まさかもう来ることがないだろうって
思ってたら、また来てしまったルーマニア(笑)


ルーマニアとブルガリアが、ヨーロッパ最貧国らしい
東欧の中でも、ツーリストは少ないし、
見どころ少ないので、
わざわざこの国だけに行こうって人は
そうとうレアだ
でも今回旅ができて、とても有意義だった


ヨーロッパ全体(特に西欧)の旅って、国の境目があまりなくって、
文化も似たような感じで、「らしさ」というのが、とても曖昧になってくる
でも、今回の東欧を旅していると、どこかくすんだような、けむたいような、
廃れたような、疲れたような暗さを町に感じる。
だけど、それはいい意味で、とても「らしさ」だと思う
そしてこの「らしさ」が僕はとても好きなんだと思う。
だから、ブルガリアもルーマニアも好きな国だった


2つとも、西欧の強国にも、ソ連にも、
その前にはオスマントルコにも、
いつもその時代の強国に振り回されてきた歴史がある。
そりゃ、経済発展は遅れる理由はいっぱいある。
ブルガリアはソ連の共産主義の時代の建物が多い、まだそれを壊さず使ってる
ルーマニアは、長く続いた独裁政治による悪影響が、感じられる


政治家が好き勝手しないように、国民はしっかり監視しないといけないね。
いまの政治の影響は、次の世代、その次の世代にも影響を与えてしまうのを
ここでは目にしてきたから。
かつては秘密警察がそこらじゅうで監視をしてた時代、
(それはついちょっと前くらいの昔なんだ)
いいたいことも言えない、やりたい仕事も選べない、
住みたい場所にも住めない、反抗すれば連行して政治犯・・・
そんな時代嫌だし、次世代の子どもたちにも、
絶対味わわせたくないよなあ・・・
でも、歴史は繰り返されるんだ
それも見てきたんだ。


「なんかこれでいいのかなあ・・・いいわけないよな」
「どこかすっきりしないんだよな・・・これってなんだろう?」
そういった曖昧だけど、なにかひっかかるものって、
実は旅中はよくあって、それって見逃してはいけない
大切なメッセージなのかなって思う

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment