FC2ブログ

ハンガリー・ブダペスト

ルーマニアからバスで8時間
次の国、ハンガリーの首都ブタペストに入った


地図上でいえば、トルコからが、ヨーロッパの入り口なんだけど、
僕たちが思ってるいわゆる洗練されたイメージの
「ヨーロッパ」って意味では、ハンガリーだと思う。
ハンガリーからは、オーストリア、ドイツ、スイス、イタリア、チェコ、ポーランド、クロアチア・・・
簡単に数多くの国へと数時間で行けてしまい、便も頻繁にあって、
ここは旅行するにも便利なところ


だからツーリストもぐっと多くなり、町を歩いてる人も、
いろんな国、民族、人種の人が混じっていて面白い
こういう大きな町で、人気のある場所は、
どんどん多様化、多民族化が進むんだろうな。


首都ブダペストは、洗練されたお洒落さがあった
古い建物が数多く残ってる美しい町
治安もよく、通りにはカフェや店が並び、
いつも人でにぎわってる



日本でちょっと移動すれば、違う県にいくように、
ヨーロッパではちょっと移動すれば違う国を旅できるって、
いったいどんな感覚なんだろう?
それくらい手軽に簡単に移動できるんだ




以下、ブダペストの町から
いくつかの風景をのせてみました



hgdrvszdfec.jpg

古い建造物の中に、新しい交通手段(メトロ、トラム)が融合してる







hgdxgfsesss.jpg

お洒落なカフェ通り






hrtdrgfsd.jpg

シナゴーグ(ユダヤ寺院)







gersfwesdx.jpg








hdrxgwfse.jpg

昔の大きい建物をつかって、
小さな雑貨や、洋服や、カフェなどが入ってる






hdrgwfesdc.jpg

町じゅういたるところに、こんな像が見られる





edrgsfwesdfc.jpg

ブタペストの有名な大聖堂






gregfwesfce.jpg

教会の内部はきらきら






jrthgefsecw.jpg

屋台の古本やさんも
なんかとてもお洒落でした






bjbjnknk.jpg







edgversgvc.jpg

あるお店のショーウィンドウ





egdvcsdfc.jpg







errgvdfdgvcwsd.jpg

何気においてあるかと思ったら、自転車の看板でした
となりはシーフードレストラン




tdgrfrsdf.jpg







egsfwesgfsc.jpg

これ、ガラスのお店の看板 (笑)







rxthbdfvce.jpg

ドナウ川にかかる橋があって
ブダペストは夜景が
とっても美しい







hrtfgvrdcdf.jpg








rhtfgbvesefd.jpg

その夜景を眺める場所もいくつかあるし、
それを楽しむドナウ川クルーズで船もいっぱいでる







ivhvhjknknm.jpg

本当に美しくて、ずっと見ていた






thgsdgfsedf.jpg

最後は、ブダペストの暗い歴史を物語る
「靴のオブジェ」

第2次大戦時、ナチスがユダヤ人を迫害、虐殺したものをあらわしたもの
当時、ドナウ川にならばされて、射殺されたり、
冬の凍てつく川に飛び込まされたりして大量に殺害されたユダヤ人
靴は高価なので、そこに脱ぐように指示されたとのこと
ここにある靴は鉄でできている作品で、それらをあらわしている



nfhgesfcd.jpg






edrgfvcesdgcd.jpg







edrgerbvredf.jpg






jhtsgestfrwec.jpg

今も壁に残る「銃弾の跡」
1956年に起きたハンガリー動乱の傷跡
当時、ソ連に支配されていたハンガリー国民が、ソ連に対して起こした蜂起
その結果、圧倒的なソ連軍に鎮圧され、多くの市民が殺害され、難民がでた
町のあるエリアには今も残っていて、
普通にその建物にも人が暮らしてる



どこの国にも
いろんな悲しい歴史があって、今がある
亡くなった人の犠牲の上に、いま平和があること
それを忘れてはいけない
そこから学ばなければ申し訳ないよ 



自分で直接見ること、体験すること、感じることは
他国への偏見をとり除き、
自然と無関心から興味へと変えてくれる
外を知ることが、また自分を知ることにもつながるんだ



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment