FC2ブログ

スペイン・アンダルシア (4)

htdfc.jpg
いつもブログ見てくださって、ありがとうごさいます。
最初に、お知らせです。

【帰国のお知らせ】
1月から「8カ月 15か国を旅してました」
今月9月に日本帰りま~す。
もし興味があって、今回の旅のお話を聞きたいって人いましたら、
教えてくれませんか~。


(以下詳細)
◇TABI CAFE(旅カフェ)&TABI SAKE(旅酒)

日時)
9月23~29日くらいの間で、東京から高知まで寄り道しながら、旅して帰ります。

関東、東海、関西、四国近辺の方で、
寄り道させてくれる人募集中です。
ご縁とタイミングが合えば、僕が会いにいきます。

また、以下の国に行く予定のある人
いつか行ってみたいなあ、
(ただ興味があるだけでもOK)
そんな人にも、今回の旅の情報をシェアしたいです。
まあ、これ読んでなんかピンときたら、ご連絡くださいね。


コーヒーでも飲みながら、
またはお酒でも飲みながら、
まったり、旅のお話ししましょうね~。

(今回行った国)ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、
インド、スリランカ、トルコ、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、
イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、モロッコ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆また、もし無料で泊めていただける方、、
なんていましたら、どうぞよろしくお願いします
(毛布、枕、ヨガマットはありますので、
屋根だけあればいいです、ほんと。)
お礼として、今回の旅の写真集(CD)を
さしあげます。


【お問い合わせ】
このBlogにてメッセージ、
もしくはkunybox@yahoo.co.jpに直接メールお待ちしてます。
メッセージいただいた方から、
23日~29日くらいの間で
都合のいい時間、場所を、打ち合わせしましょ。

 Kuni

◇◆◇

『僕は自分の目で見たものしか信じない。けど、
この目で見たものは,
どんなに馬鹿げたものでも信じるよ』  スナフキン

         

       
◇◆◇    
というわけで、どうぞよろしくお願いします。
ではでは、今回の記事です。



グラナダときたら、
「アルハンブラ宮殿」は絶対外せないんですが、
グラナダにある教会が思いのほか、とても美しかったので、
今回はそれをご紹介します。




グラナダはアルハンブラだけじゃなく、それ以外も、すごかった!




gvdxdfc.jpg

サンヘロニモ修道院
建物入り口から、入ると、中庭空間がひろがっていて、
割と地味で落ち着いてるなあ、と思ったら、、、






bdrfcs.jpg

その中にある礼拝堂が、いきなりすごかった!





nbdvxdc.jpg

細かい装飾と美しい壁画だらけの空間
隙間なくびっしりとね。
ブルガリアのリラの僧院、以来の感動した教会でした。




bdfvdxd.jpg

天井の装飾
立体的でほんと細かい




bdvsdzcx.jpg

それに加えて、美しい壁画



・・・にもかかわらず、穴場なのか、
人があまりいないので、終始、静かに、
没頭して見学できました。
そういうところも、とてもここよかったです。




bdxfvdcx.jpg

カルトゥハ修道院

ここも外観が、とても地味な印象でしたが、、、
中の礼拝堂に入ると、






bdvscdx.jpg

えーーーほんとすごい!
どーんと、ここも豪華で細かいこと







dvfdcx.jpg

天井を見上げると、、、
キリスト教のイメージする天国って
こんなですかね







bdvfxcdx.jpg

表情がいきいきしてる像






bdvfxdc.jpg

天使がいっぱいだ







hdgrfcx.jpg









dfvxdcx.jpg









dbrgxdfcx.jpg

ここも、とてもすごいのに、
あまり人がいなかった。
ゆっくり、じっくり、自分のペースで
いくらでも見れました。
しばし、ぼーっと至福に浸る、、、自分の中の感じる時間






rbdfvxc.jpg

グラナダ大聖堂(カテドラル)
町の中心にあり、巨大な教会なので、すぐわかる
町のシンボル的な存在





bsvdcszx.jpg

ここは町の中心にあって、人気がありましたが、
中は巨大なので、とても見ごたえがあります。




bvsdcx.jpg

シンプルな色合いの中にある
真ん中の礼拝堂がとてもきらびやかでした







◆◇◆

ツーリストだから、
だいたい決まった見どころばかりを
見てまわるのが多いんだけどね、
そんな中でも穴場的な存在や、
意外性や、知らなかった発見があると、
なんだかとても嬉しくなるんだ。


それは、なんだかカメラを撮るときの
世界を見る目線にも
とても似ているような気がする


いろんなものの見方、そして感じ方、とらえ方をすると、
世界はまたちがうように見えてくる
いいものは「いい」わけでもなく、
わるいものは「わるい」わけでもなく、
じゃあ「いい」も「わるい」も
「どんな感じ」がするのか?
その「どんな感じ」が、多種多様にある。
それを実際に経験させてくれるから、
旅は面白いし、世界は美しい



一方的な自分の考えに縛られる
他人の考えに縛られると、
それが「エゴ」とか「偏見」になってしまう。
決まった価値観をすれば、ラクなんだけどさ、
それを押し付けるのは、他人も自分もラクじゃない、
だんだん、しんどくなってくるし。


だから、たまには、そこから外れてみたい、
そこから自由になりたい、って思うんだ。
世界を知るほど、
世界をより客観的にみたい
自分をより客観的にみたい
その見方で、また自分の価値観を作り直してみたい


そしてまた同じ価値観に戻ったとしても、
それで自分を縛るのではなく、
それが同じであっても、違っていてもね、
自分を楽にするような、そんな価値観に作り直してみたい
単にいまの見方を変える、きっかけの1つ
僕はその方法を、旅することで求めてるんだと思う。
そして、偏見をなるべくなくしたいから、
実際にこの目でいろいろ見てみたい。


きっかけは待っててもやってくるかもしれないけど、
求めることも、きっと大切
行動することも、きっと大切
人にはそれぞれ、自分のやり方がある
その自分のやり方を知っていればいいし、
試行錯誤しながら、いろいろやってみればいい
正解は1つじゃないのが、正解
もし自分のやり方がわからなくなったら、
旅をしてみるのもいいんじゃないかな?











スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment