FC2ブログ

モロッコ・トドラ渓谷 (2)

トドラ渓谷
ここは、ほんとに岩だらけのところですが、
ここでできる自然アクティビティがいっぱいある。

・トレッキング
・ロッククライミング
・ホースライディング

トレッキングは次の記事で紹介しますので、今回はロッククライミングとホースライディングを紹介します。


大自然と遊ぶ
そりゃ、楽しいに決まってる!



◇ロッククライミング

断崖絶壁でするアクティビティとしては、こんなにふさわしいもんはないよ。
今回、人生初のロッククライミングをしてきました。


まずロッククライミングの手順だけど、
まずベテランのガイドさんが、最初に登ってみせてくれ、
そのときに、岩の金具にロープを通して、ルートをつくってくれる。
今度、僕が登るときに、そのロープをたどっていき、金具を次々と回収していきます。


まず自分が登ると、
自分が登った分のロープがゆるむので、
それを下で待機しているガイドさんが少しずつ、締めてくれます。
だから
常に、腰につけているロープがしっかり引っ張られている状態になるので、
とても安定して、登ることができます。


今回、とてもラッキーだったのが、ガイドさんと、マンツーマンでできたこと。
何人もいるとその人が登るのも、待たなきゃならないので、あまり本数をこなせない。
今回は、すべて自分のペースで、登って、休んで、登って、休んで、
20から35メートルを7本、だいたい全部で2時間半くらいさせてもらった。
体力的にも、これで十分の大満足のクライミングだった。





ehhdgrfwscd.jpg

かっこつけてるわけじゃなくって、
どのコースで行こうか、決めあぐねてるとこ(笑)






yfhtfbvd.jpg

そしたら、スタートするんだけど、、、





tdfxgerdvdf.jpg

楽な道もあれば、キツイ道もある









bdxrbgdfc.jpg

まるで90度くらいにみえても、全部が90度ってわけじゃない。





egvfeegsrfdchrgsfw.jpg

楽ばっかりじゃ、面白くないし、
キツイばっかりじゃ、先に進めない。
この2つのバランスがいいと、ほんとに楽しいのだ!








grrsdfscdz.jpg

腕でしがみついてるように見えても、ずっと腕で支えることはできない。
腕力をつかうのは、ほんの一瞬だけでいい。
実際には足場さえ固定さえすれば、手の方は、たとえ指だけでもつかめれば、登れる!
だんだんコツがわかってくると、もっともっと面白くなった。





rfedfxc.jpg

高いところまで登っても、やることは一緒。
目の前にある、1つ先のルートを模索して、試しながら、
1つ1つを確実に登っていくのみ。





gefasfadxs.jpg






dtbfvdfcx.jpg


両手を離したって、全然大丈夫。
ロープとガイドを信じてるから。
空にダイブするようで、超気持ちいいんだ~






edrgevdfxc.jpg


慣れてくると、
下りるときは、ぴょーん、ぴょーんと、
スキップするように下りれるようになった。
全体重をロープに預けないと無理。




fgrgwfssedf.jpg

今回のガイドさんと、ハイタッチ!



「これ怖くない?」って聞きたくなるでしょ?
実際には・・・、怖くなかった!
やってる最中は、
ロープ1本と支えてくれるガイドさんを信頼するしかないわけで・・・。
信頼さえしちまえば、あとは楽です。
逆にいえば、もしロープが切れたら・・・とか、ガイドさんが手を離したら・・・とか、
ケガしたら・・・もし落ちたら・・・とか、
疑ったら、登れないし、怖くなる。
ヨガの「委ねる」っていうのは、状況全部を、神様に委ねるって意味で使うけど、
ほんとそれに近いんだ!


そして、登ってるときは、ルートを探すのに必死で、
数十センチ先のところしか見てない。
1つ登れば、また違う状況になり、また1つ乗り越えると、また違う状況になり・・・
それをひたすら繰り返すと、そのうちゴールにたどり着く
こりゃ、まるで人生だ(笑)






◇ホースライディング

ホースライディングも初体験だったけど、
手綱によって、馬を操るっていう感覚
「とまれ」とか、「みぎ」とか「左」とか、ほんと簡単な意思疎通だけなんだけどね。
それが、ちゃんということをきいてくれるっていうことに、とても感動したんだ。


まあトドラ渓谷にいること自体が特別な体験なんだけど、
それがまた馬の背の上から見る景色は、
またなんというか、いつもとは違う 特別の特別の景色のように見えた。
馬に振り落とされそうになったりして、
怖かった思いもしたけどね。




eesdwas.jpg


絶景を見ながら、川の中をじゃぶじゃぶ入っていったり、
また川に沿って歩いたり。




eafdaxS.jpg







eeafscasdcxa.jpg

すげえ、絶景だ!







eeafdqwasd.jpg


僕のような初心者だと、
馬に乗ってるというより、
馬に乗せてもらってるといったほうが、
ふさわしい。





スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment